医療用ウィッグで気持ちよく出かけよう

ウィッグのお手入れテクニック

ウィッグのお手入れテクニック

ウィッグのお手入れテクニック 医療用ウィッグは人工毛でも人毛でも長持ちさせるためには専用のシャンプーやトリートメントを使ってお手入れがおすすめですが、市販のシャンプーやトリートメントでも代用は可能です。
使用頻度にもよりますが目安は1週間から10日ほどに1回行います。暑い時期や皮脂の分泌が多い人はもう少し短いサイクルでお手入れをしますが、頻繁に行ってしまうと痛めてしまうため注意が必要です。
お手入れするときには、ウィッグはいきなり水につけずに軽くブラッシングして毛の絡まりや表面の埃を取り除きます。
毛先からブラッシングしていき、徐々に上に向けてとかしていきます。
絡んでいる場合には無理にブラッシングせずに指で丁寧にとかしていきます。
シャワーは上から下に水または人肌よりも低い温度のぬるま湯で医療用ウィッグ全体を濡らしていきます。
ぬるま湯を入れた桶に毛先からゆっくりと頭頂部分に上に浸していき、軽く押し洗いをして、ウィッグを持ち上げて軽く毛を整えてからお湯をかえます。
洗い桶にシャンプーをとかして医療用ウィッグを浸し優しく洗い、流水ですすいでいきます。
お湯をかえてからリンスを適量桶にとかして1~2分浸して潤いが残る程度にすすいでいきます。
ウィッグの毛の流れをねじらないように絞って水気を取り除きます。乾いたタオルで挟むようにそして内側も十分乾かしていきます。
ドライヤーは痛めてしまうため、ウィッグハンガーなどで自然乾燥させます。

医療用ウィッグはデリケート

医療用ウィッグはデリケート 医療用ウィッグの人工毛の質感の良さを保つためには、普段からメンテナンスの方法に注意しなければいけません。
人工毛は熱に弱いですから、人工毛を洗浄した後にドライヤーで熱風を当ててしまうと、それだけで人工毛が縮れてしまう場合もあります。

とてもデリケートな素材だという事を忘れずに、ドライヤーを使って医療用ウィッグを乾かす際には、温風ではなく冷風を使って乾かすようにしてください。
そこまで念入りにドライヤーで乾燥させなくても、裏面をドライタオルで拭いてから簡単に乾燥させるだけでも、医療用ウィッグは綺麗な見た目に戻ってくれます。

ヘアブラシの使いすぎにも注意が必要で、乱暴にブラッシングをするのではなく、そっと髪型を整えるためにヘアブラシを人工毛に通してください。扱い方さえ間違えなければ、医療用ウィッグは長期的に使い続ける事ができます。
臭いなども付着しにくい素材で作られているので、しつこく洗浄しなくても汚れは落としやすいです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

copyright (C) 2019 医療用ウィッグで気持ちよく出かけよう. All Reserved.